生姜で肥満体質の予防や対策

生姜サプリ

サイドメニューへ

日本人に多い肥満体質は水太り!?

肥満に対する西洋医学の考え方として常識となっているのが摂取カロリーが消費カロリーを上回ると体は太っていくこと。このように考えられています。この理論が単純明快です。日常生活で消費されなかった余剰カロリーが中性脂肪として蓄えられるから。

ですが、理論上はそうであっても実際には同じ量を飲んだり食べても太りやすい人、太りにくい人が存在しています。

そしてそれを解き明かすのに重要なのが漢方医学です。漢方医学では肥満体質を固太り、水太りの2つに分けて考えることが多いです。固太りに分類される方は筋肉質で便秘持ち。そして腹部に脂肪がつきやすいタイプとされています。

逆に水太りは色白、筋肉は少ない。そして浮腫み症状が頻繁で下半身が太りやすいタイプとされています。

そして日本で体系に悩む女性の多くが後者である水太りに分類されているとも言われています。水太りの原因を辿って行くと体内に余計な水分が多く溜め込まれて体が冷える⇒代謝活動が悪くなる⇒エネルギー消費が少なくなる。といったシステムで体に余剰カロリーが蓄積されていくといったメカニズムです。

当然、蓄えた脂肪もエネルギーに変換されずに燃焼しなく、少食であっても体内に蓄積されやすい太りやすい体質になってしまうと考えられています。

女性の肥満原因である水太りを防ぐには体を温める

この日本女性に多い水太りを解決する方法として体を温めて新陳代謝を高めることが推奨されています。

実は体温が1度上がれば基礎代謝量は10%以上も上がることが研究でわかっています。つまり同じ量の食事を取っていても体温によって代謝の活動に違いがあるので太りやすい人、太りにくい人の差が出てくるのです。

そして体温を上げるためにオススメできるのが生姜です。

生姜には体温をサポートする辛味成分が豊富に含まれています。体温が高くなれば自然と溜まっていた余分な水分や老廃物を流して痩せやすい体質にしてくれます。平均体温を上げることに成功すれば水分過多の状態が解消されていき、過度な食事制限やハードな運動、エクササイズをしなくても摂取カロリーよりも消費カロリーが上回り痩せていく体質になります。

水太り体質の方はまず、食事や運動を考える前に自身の体温を測ってみて低体温であるならば、0.5度〜1度を目標に体温の改善に務めた方がダイエット効果も高く期待がもてます。

生姜はその効果を期待することができる食材の一つ。

もし過度な食事制限や運動をしてもダイエットが上手くいかない方は少し見方を変えて、体温を少し上げてみることに注目をしてもらいたいです。そしてその成功を導く立役者が生姜の可能性が高いことも覚えておいて欲しいです。

生姜が持つ体に嬉しい働き一覧

生姜で期待できる効果や効能

MENU